「安心な経営の応援をします。」大阪府大阪市北区:中野智之税理士事務所

»トップページ

経営を良くする税理士との付き合い方

 

経営を良くする税理士との付き合い方:挿絵

税理士 中野智之

経営者の皆様は、なぜ税理士を雇われるのでしょうか。

私共の経験に基づいてお客様との関わりなどについてお伝えします。


 

1. 税務申告の重要性

まず、税理士の主な仕事は税務申告です。

税務申告は、どのような業種であれ仕事をして得た収入から経費を差し引いて計算された所得に対して、税率を掛けて計算した経過を書面にして税務署に提出するものです。

適正な申告、納税を行うことは国民の義務であり、大切なことはいうまでもありませんが、税額やその計算過程、所得の計算の根拠となった決算書は金融機関からの融資を受ける際の信用の目安のひとつです。ですから、融資の際、申告書と決算書の提示、さらには納税証明書の提出を金融機関から求められるのです。


さらに、金融機関以外でも、信用を示す基準として申告、納税の実績が用いられることがあります。

当所の関与先ではありませんが、ある会社は現金商売であることをいいことに、売上を除外して税額を少なく申告していました。その結果、出店すれば必ず大きな利益を得られたはずのショッピングセンターの出店審査に通らず、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまいました。

その逆の例もあります。売上を毎日金融機関に入金し、記録に残し続けた会社は、通常では考えられないほど円滑に借り入れができ、新規出店や設備投資が計画通り進み、順調に業績を拡大しています。

このように税務申告は、会社経営において大切な業務の一つであり、それを円滑に行うのが私共のサービスです。


2. 報酬について

一般的に、税理士報酬は大きく分けて3つの内容で構成されます。




このような業務を通じて、私共は安心な経営を応援しております。安心な経営ができることで、利益もあがり、経営者や社員の方、取引先の方も豊かになります。そのための業務、学習、人間関係の維持、発展などに時間、資金、労力を積極的に投入しています。

当事務所では、仕事をしたら適正な額、一定の業務の水準を確保しながら、私たちが生活を成立させ、事務所を維持し、よりよいサービスを行うための投資が行える額の報酬を頂戴することにしています。


3. できる社長の税理士との付き合い方

― 「業界本」に見る困ったお客様を反面教師として ―


税理士の世界にも業界本があります。その中に、お客様への要望や困ったお客様について書かれた部分を持つものがあります。それらの本の記述より、税理士といい関係を築くコツを探ってみましょう。







税理士の多くは自らが関与している会社のことを大切に思っています。経営者の方も、その思いをうまく受け止めてよい関係を作っていってください。